◆◆ベリーのドラクエ10/他/日記◆◆

Windows版が出てからの出遅れ組、旅の記録をつらつらと



武器鍛治、レベル上げのプロセス(ドラクエ10)

武器鍛治をやっています。発売から一年経って熟練者が多い中、無謀な試みなのかもしれませんが後進でもはじめのうちははお金稼ぎをコツコツとするのも大切です。

 
限られた時間の中でもレベル20を超えましたのでそこまでの道のりを簡単に。
 
まずは、ギルドの依頼を回しておけばレベルは上がってきます。経験値とお金も入るし色々な武器の相性やポイントもつかめます。結構相性がいい武器ってありますよね。
 
グレン周辺ではどうのこうせきが拾えるのでバザーでも比較的安くてに入れられるので初期では依頼とは別にどうのつるぎやどうのつめあたらりまず上げます。
 
鉄シリーズに入ったらてつのつめ、てつのつるぎ、さんぞくサーベルときて銀シリーズが作成できるようになっている頃にはレベルも上がっていますね。銀シリーズでは主に銀の短剣やぎんのレイピアをメインで作成していました。
 
初期は集中も少なく特技を使おうにも回数が限られるので上に書いたようなマス目が少ない武器の方が比較的簡単にゲージを合わせることができます。
 
初めの頃は星付きがなかなかできませんので赤字が続くのであえて素材(こうせき)をまとめ買いして持ち物を装備品を最低限に減らして、小元気玉を使って連続一発仕上げが効率がいいですね。星2が出ればバザーでそこそこの金額で買ってくれる人もいるので。価格帯に動きはありますがバザーの価格見てると時間帯とかでも違うのが何と無く見えてきます。何がおすすめかはまた次の機会に書きます。